就業規則・社会保険・労働保険・労働相談・助成金申請・給与計算・賃金改定・退職金規程・育児・介護規程など福岡から全国へ対応できる社会保険労務士事務所
  • HOME »
  • おしらせ

おしらせ

101人以上の会社の短時間労働者の社会保険加入義務

令和4年10月より、正規従業員の所定労働時間及び所定労働日数が4分の3未満であっても、以下の5つの要件全てを満たす従業員(短時間労働者)は強制被保険者となります。 (1)従業員が101人以上 (2)週の所定労働時間が20 …

出生時育児休業(産後パパ育休)

10月から新設される制度で従来の従来の育児休業とは別に、この出生後8週間以内に4週間(28日)まで間の労働者が希望すれば、2回まで分割して取得できるものです。 条件としては 「対象者」 男性労働者(養子等の場合は女性も取 …

社会保険の届出様式の一部が変更になります

法改正や処理方法の見直しのため、令和4年10月から下記の様式が変更になります。 【育児休業等取得申出書/終了届】【適用事業所名称/所在地変更届】【新規適用届】【任意適用申請書】【保険料口座振替納付(変更)申出書】【産前産 …

社保適用範囲の拡大(令和4年10月から)

法律の改正によりパート・アルバイトの社会保険の加入条件が令和4年10月からかわります。 現在従業員数501人以上の適用が、今年10月より従業員101人以上(令和6年10月以降は51人以上)の企業に適用されます。 あらたな …

社員の解雇日を当初より延長した場合

経営状態が芳しくなく、社員を解雇するために解雇予告をしたが、急な仕事が入って解雇日を遅らせたい場合はどうしたらいいか? 結論から言うと、再度手続きが必要となります。 解雇予告をしたものの予告期間満了後も引き続き使用する場 …

アルコールチェックの「義務化」

本年4月1日より「安全運転管理者」による運転者のアルコールチェックが義務化されます。 条件としては社用車を5台以上を所有する使用者は、事業場ごとに「安全運転管理者の選任」を行わなければなりません。(選任した場合は15日以 …

60歳代前半の老齢厚生年金の法改正

在職老齢年金制度の改正が令和4年4月1日から施行されます。 施行日以前に受給権を得ている人も該当します。年金減額の対象となるのは「被保険者等である日が属する月に、総報酬月額相当額と基本月額の合計額が支給停止調整額(47万 …

障害者を雇い入れていますか?

障害者雇用促進法に基づき、常用労働者が43.5人以上の民間企業では、2.3%の障害者の雇用義務があります。 50人の場合は1人、100人の場合は2人雇い入れる必要があります。 ただし、短時間労働者は0.5人扱いです。法定 …

マルチジョブホルダー制度(令和4年1月1日施行)

新設された制度は、複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者が、そのうち2つの事業所で適用条件 (1)複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者  (2)2つの事業所(週所定労働時間5時間以上20時間未満)の労働時間を合 …

雇調金特例の段階的縮小

厚生労働省は雇用調整助成金の特例措置を令和4年1月以降段階的に縮小する方針。 1日の助成金額を現在の13,500円から1~2月は11,000円、3月は9,000円に引き下げます。 4月以降は2月末までに取り扱いを決定しま …

1 2 »

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © きたはら社労士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.