令和4年10月より、正規従業員の所定労働時間及び所定労働日数が4分の3未満であっても、以下の5つの要件全てを満たす従業員(短時間労働者)は強制被保険者となります。
(1)従業員が101人以上
(2)週の所定労働時間が20時間以上
(3)雇用期間が2ヶ月超見込まれる
(4)賃金月額が8.8万円以上(年収106万円以上)
(5)学生でないこと
賃金月額には時間外、休日、深夜手当、賞与や業績給、見舞金、精皆勤手当、通勤手当、家族手当は含まれません。
今までは4分の3ルール(所定労働時間・所定労働日数)と年収130万円未満が適用されませんので注意が必要です。
加入すると手取りの減少、配偶者の扶養手当が無くなるといったデメリットもあります。
なお、2024年からは51人以上の従業員の会社が適用になります。