法律の改正によりパート・アルバイトの社会保険の加入条件が令和4年10月からかわります。
現在従業員数501人以上の適用が、今年10月より従業員101人以上(令和6年10月以降は51人以上)の企業に適用されます。
あらたな加入対象者は(1)週の所定労働時間が20時間以上 (2)月額賃金が8.8万円以上 (3)2か月を超える雇用の見込みがある(4)学生でない
 以上の全てが該当する従業員は強制加入になります。ここでいう従業員数は法人の場合は、同一法人番号を有するすべての適用事業所の被保険者数をカウントします。本社の従業員は少ないが出先の従業員を合計すると100人を超す場合は該当します(令和6年からは51人以上)。
入りたくない従業員も多いはずですが、上記の4条件のどれか一つを無くすしかないでしょう。