10月から新設される制度で従来の従来の育児休業とは別に、この出生後8週間以内に4週間(28日)まで間の労働者が希望すれば、2回まで分割して取得できるものです。
条件としては
「対象者」 男性労働者(養子等の場合は女性も取得可能)有期契約労働者は条件があります。
「労使協定の締結により対象から除外できる者」
  ➀入社1年未満の労働者
  ➁申出の日から8週間以内に雇用関係が終了することが明らかな労働者
  ➂1週間の所定労働日数が2日以下の労働者
「期間」 子の出生後8週間以内に4週間(28日間)までの間に労働者が希望する期間
「申出期限」 原則休業2週間前までに申し出(例外あり)
「分割取得」 2回まで分割して取得可能(まとめて申し出ることが必要)
「休業中の就業」 労使協定の締結により、労働者が合意した範囲で休業中に就業することが可能。

 新制度ですので、詳細は労働局に尋ねた方が確実でしょう。